wafu3000の技術

勉強の記録です。

VC++のスケルトン

#ifndef UNICODE
#define UNICODE
#endif 

#include <windows.h>

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam);

int WINAPI wWinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE, PWSTR pCmdLine, int nCmdShow)
{
    // ウィンドウ クラスを登録する
    const wchar_t CLASS_NAME[]  = L"Sample Window Class";
    
    WNDCLASS wc = { };

    wc.lpfnWndProc   = WindowProc;
    wc.hInstance     = hInstance;
    wc.lpszClassName = CLASS_NAME;

    RegisterClass(&wc);

    // ウィンドウを作成する

    HWND hwnd = CreateWindowEx(
        0,                              // オプションのウィンドウ スタイル
        CLASS_NAME,                     // ウィンドウ クラス
        L"Learn to Program Windows",    // ウィンドウ テキスト
        WS_OVERLAPPEDWINDOW,            // ウィンドウ スタイル

        // サイズと位置
        CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,

        NULL,       // 親ウィンドウ    
        NULL,       // メニュー
        hInstance,  // インスタンス ハンドル
        NULL        // 追加のアプリケーション データ
        );

    if (hwnd == NULL)
    {
        return 0;
    }

    ShowWindow(hwnd, nCmdShow);

    // メッセージ ループを実行する

    MSG msg = { };
    while (GetMessage(&msg, NULL, 0, 0))
    {
        TranslateMessage(&msg);
        DispatchMessage(&msg);
    }

    return 0;
}

LRESULT CALLBACK WindowProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
    switch (uMsg)
    {
    case WM_DESTROY:
        PostQuitMessage(0);
        return 0;

    case WM_PAINT:
        {
            PAINTSTRUCT ps;
            HDC hdc = BeginPaint(hwnd, &ps);

            FillRect(hdc, &ps.rcPaint, (HBRUSH) (COLOR_WINDOW+1));

            EndPaint(hwnd, &ps);
        }
        return 0;

    }
    return DefWindowProc(hwnd, uMsg, wParam, lParam);
}